女性

顔や輪郭の悩み

どんなに時代が変化しても、美に関するコンプレックスに悩みを抱える人は尽きませ。特に、顔の大きさやパーツに関して悩み、整形を考える方は一定数います。今回は小顔に関する悩みの解決策を考えて見ようと思います。

詳しく見る

カウンセリング

小顔になる方法とは?

「小顔になりたい!」と鏡を見る度にそう悩む方もいるでしょう。マッサージやメイクで小顔になるには限界があります。そこで、美容整形で小顔になる方法をリサーチしてみました。

詳しく見る

顔に触れる女性

小顔は簡単に目指せる

インスタ映えするような女性たちは、みんな小顔でデカ目の美人揃い。セルフィーを撮ろうにも、自分お顔が大きいから無理!そんな悩みを抱えて居る方に朗報です。近年注目されている小顔注射なら、メスを使用せず小顔になれちゃうんです!

詳しく見る

顔に触れる女性

むくみ撃退で小顔を目指す

骨格以外の問題で顔が大きく見える理由があります。それは、【むくみ】です。むくみがひどいと水分や老廃物が滞り、通常よりも顔が大きく見えてしまいます。むくみを減らすにはスキンケアと平行したマッサージが有効です。

詳しく見る

女性

小顔と整形

少しでも早く、そして美しく小顔になりたいなら【美容整形】が最も適した解決策でしょう。小顔は美容整形で作ることができます。様々な手術方法があるので、今回は特長別にまとめてみました。

詳しく見る

小顔への憧れ

医者と看護師

そもそも小顔とは?

いつからか、「小顔」というキーワードが美容の概念の1つになり、顔の大きさや長さを気にする風潮になってきました。小顔とは、一般的に顔が小さいことを指します。しかし、小顔とは単純に顔が小さいだけでなく、身長や肩幅などとのバランスを加味し決まるものになっています。ですから、顔だけが小さくても身長が低い場合や脚が短い場合は、小顔と認識されることは少ないでしょう。モデルや女優が「8等身」などともてはやされるのは、そのバランスの人間が少ないからです。身長や骨格は生まれつき、遺伝など個人で変えられない要因で決まっている場合も多いのですが、ちょっとしたコツで「小顔に見せる」ことは可能です。

「小顔に見せる」には姿勢を意識する!

姿勢が悪いと顔が通常より大きく見えてしまったり、スタイルが悪く見えてしまったりします。顎の突出、反り腰、猫背など生活の癖から骨格が歪んでしまい、結果全身がアンバランスになってしまうと顔まで大きく見えてしまいます。これらを整体やストレッチで補修すると、小顔に見せることが可能になります。また、血の巡りや水分の排出によりむくみが減り。血色がよくなり美肌を目指すこともできます。ただ、整体やストレッチはあくまでも、異常な状態を正常に戻すことしかできません。物理的に小顔を目指す場合は次のような方法が考えられます。

整形で小顔になる

アゴ修整、ヒアルロン酸注入、隆鼻術、脂肪吸引など整形を利用した方法であれば物理的に小顔になることが可能です。また、自分のコンプレックスを感じる部分を自由に変化させることも可能です。もしも整形で小顔にないたい場合は、美容クリニックでカウンセリングを行い、どのようなゴールを目指すのか相談してみましょう。小顔に関する施術は日帰りで済む程度のものから、長いダウンタイムが必要になるものもあります。また、費用にもピンきりあるので事前の確認はよく行いましょう。