小顔は簡単に目指せる

顔に触れる女性

セルフィーが苦手

若い女性を中心に、インスタグラムが流行していますが中には苦手だと感じている方もいらっしゃいます。その理由は【自撮り】が苦手だからです。自撮りとは文字とおり、自分を撮ることでありSNSでは当たり前の撮影方法となっています。自撮りでは顔の大きさやメイク、ファッションに至るまで写ってしまいます。顔の大きさにコンプレックスを抱えている場合、自撮りを避けたいという心理が反映されます。しかし、顔は放置しても勝手に小さくなることはありません。しかし、マッサージやメイクでは限界もあります。物理的に顔を小さくするには、【整形】が一番の近道でしょう。しかし、整形には抵抗がある方も多いはず。そこでオススメなのが小顔注射です!小顔注射とは【BNLS注射】【切らない小顔】など様々な呼び名で注目を集めている脂肪溶解注射の1つです。この方法を用いると、メスを使用せずに効率よく小顔を目指すことができます。

エラボトックスも人気!

フェイスラインにボトックスを打ち、小顔化を目指す方法も人気です。この方法はエラが目立つ輪郭に有効で、両方のエラ付近にボツリヌス菌を注射することで、筋肉の働きを抑制しシャープな輪郭を目指します。手軽で傷あとも目立たず、短時間で施術が完了するため日帰り整形などと呼ばれることもあります。ダウンタイムがほとんどないため、週末の休暇を利用して行われることもあります。小顔に憧れて整形を考えているなら、ダウンタイムの少ないこの方法から試してみてもよいでしょう。気になる整形費用ですが、ボツリヌストキシンはおよそ10000円前後、ボトックスなら20000前後の価格となっています。ただ、整形費用はクリニックによって異なるので、事前のカウンセリングを行い予算を確認しておきましょう。事前カウンセリングはメールや専用ダイヤルから申し込めるようになっています。美容整形の多くは保険対象外となっているので高額です。ただ、アフターケアや医師による問診もしっかりしているので、安心安全に行える体制となっています。