顔や輪郭の悩み

女性

美に関するコンプレックス

人は誰しもコンプレックスを抱えています。それが表に出るかそうでないかの違いであり、そのコンプレックスがあるからこそ強くなろうと思うのです。特に人の第一印象を左右する顔やパーツ、輪郭などにコンプレックスを持つ方はメイクやファッションなど人一倍努力する傾向にあります。日本においては美に関するコンプレックスがあってこそ爆発的ヒットに至った商品も数多くあります。例えば、「二重テープ・のり」は一重のまぶたを二重にしてくれるメイク用品です。整形をせずに簡単に安価に二重を作れると今なおヒットしている商品です。また、マツエクは少ないまつげをより多くみせてくれるデカ目効果があるとしてヒットしました。近年では、海外セレブの影響から「コントゥアリング」という小顔メイクも流行り定番化しつつあります。このコントゥアリングは、ダークとライトのファンデーションまたはコンシーラー等で顔に凹凸をつけ、デカ目や小顔を演出してくれます。アジア人でも欧米人のような華やかな小顔になれると評判のメイク法です。これらのメイクは人の印象をより良いものに変えてくれますが、永遠の効果でないため根本的な悩みの解決には至りません。

小顔への憧れ

「コントゥアリング」で一時的に小顔を手に入れても、メイクを落としてしまえば元の顔になります。女性であれば毎日メイクを行うので手のこんだ手法であってもいずれ習得は可能でしょう。ただ、より簡単に、楽に小顔になるには別の方法が有効だと考えるべきでしょう。その方法とは、ずばり「美容整形」です。美容整形であれば、その人の個性に合わせ理想的な輪郭の小顔を形成することが可能です。また、必要に応じて二重にしたり鼻を高くしたりトータルで美を演出してくれます。

美容整形が怖いというのは勘違い!

美容整形ときくと大掛かりなものを想像してしまう方もいらっしゃいますが、現代の美容整形はとても気軽なものになっています。小顔の整形にしてもメスを使用せずにすむ方法もあります。また、日帰りでダウンタイムが少ない方法もあり、自然な仕上がりを目指すことも可能になっています。どんな方法で小顔になれるのか興味がある方はまず、最寄りの美容整形外科に相談してみるといいでしょう。